アートスピリチュアル《身体詩》とは モリムラルミコ

                               


 「身体詩とはなんですか?」という問いに対するシンプルで正確な答えを得るために、 とても長い年月と、そして世界を駆け巡りつづけるということが必要とされました。

 1988年のフランス公演以来、私たちTAICHI-KIKAKUは、民族や文化、そして言語の異なった世界の国々で舞台公演を続け、その国の人々をみつめて、丁寧に交流してゆくうちに人と人との間には圧倒的に普遍的なコミュニケーションが存在しているということに気づきました。それは《ひとは存在そのものでコミュニケーションしている》という発見でした。


 〈存在〉とは物質体である肉体を使ったゼスチュア(かお、からだの表情)及び説明的言語以前の音声、そして最も大切な部分は、その人間、否、生物(いきもの)と云った方がいいのかもしれません。

 その生物(いきもの)が発する肉眼ではみることのできない《気エネルギー》の発露・交換によって8〜9割のコミュニケーションを行なっているんだという発見でした。エジプトでもイスラエルでもヴェトナムでもボスニアでもアフリカでも公演をし、人々をみつめ交流してきて、それはさらに確信へと近づいてゆきました。


 時に私はパリの知り合いのcaféのカウンターに12時間立ちっぱなしで、くる日もくる日も、次から次へとやってきては去ってゆく人々とそのしぐさ、自分と他者、他者と他者との交流をみつめつづけたこともありました。

 もちろん温厚なコミュニケーションばかりではありません。時に目の前で暴力沙汰が繰りひろげられることもありました。そして、そういう行為の直前には、ほんとうにどす赤黒いような怒りの気エネルギーというものが発されているのです。

 幸福なひとや、哀しいひとや、孤独なひとも、そのそれぞれの気エネルギーを発露している。感情といったレベルではない生命エネルギーの発露、源のように…

 頭を使う言葉があって、心を使う感情があって、さらにそのまた奥に(或いは奥の奥に)意識するしないにかかわらず何かを伝えようとすることの生命エネルギーの発露の〈源〉のような《気》というものが存在する。この《気》というレベルまでほりさげると、世界中の人間は全く共通の感覚を持っているということに気づいたのです。


 この気エネルギーを使った〈存在〉というものをなんとか舞台にとりこむことができれば、感情、感覚といったものでも、記号や形式、もちろん字幕なんかでなく、ダイレクトに普遍的に観ている人々に伝えることができる。

 さらにすすめて、最も大切な《気エネルギー》の配分をより大きくすれば、舞台と観客が直接交流、気の交換や交流をすることも可能になると考えたのです。


 しかし、この〈存在〉なるものを舞台にのせるためには、特に誰にも見られていないという素の状態では成り立ちません。それではテンションの高い本番中の舞台に観客席からそのまま上がってゆくイメージと同じです。舞台に上がったとたん、その「存在」はみられている「存在」となり、《気エネルギー》が萎縮してしまうか、また別のものになってしまう可能性があります。

 それを舞台表現にするためには〈観客〉にみられているということを受け入れながら、開いた状態のまま気エネルギーを高め、所作、動作を普遍的にシンプルにしてゆくということ—、そして、それを、実際に公演を通じて世界で試行錯誤してみる時間が私たちには必要でした。


 そして、その試行錯誤の中では不思議な発見もありました。

 それは《気エネルギー》そのものでなにかを伝えようとする時には、フッとした〈間〉のような時間、或いは相手の魂に直接〈心のこえ〉で語りかけるようにフッと佇んでいる瞬間や、意識的な思考を停止させて、肉体をもつ以前の〈魂〉の状態に回帰してポカンとみつめているような状態の時に、その伝えようとした《気》が観客に深く伝わるという発見でした。


 そうなのです。不思議なことに、肉体が動かない時に《気》というものは最も大きく動きはじめるのです。

 肉体の眼をこえて、まるで無心、放心の状態の時に……


 そうやって生み出したのが、世界の中でもTAICHI-KIKAKUだけの表現、「21世紀の舞台芸術」「言葉を超えた演劇」と呼ばれるようになった身体詩なのです。

 舞台表現になりうる〈存在〉(ゼスチュアと気エネルギー)に、ストーリーを展開してゆくための演技の要素をさし入れて構築したものが身体詩—


 しかし、最も大切なのは、肉眼ではみることのできない《気エネルギー》そのものを表現の中心に置いているということです。


 作品はふへんてきな神様への捧げものであり、精神科学的なものを宗教ではなく芸術として表現したいというアートスピリチュアル〈祈りの芸術〉という理念を私たちはもっています。それを支えている純粋な気エネルギーの核には《祈り》が存在しているのです。


 ―長い年月をかけて、今ようやくたどりついたひとつの答え…… 身体詩とは世界の人々と愛の心を活性化させて、ダイレクトにコミュニケーションをしたいと願うTAICHI-KIKAKUの《祈り》が劇芸術として具現化されたものなのです。

↑ページトップへshapeimage_3_link_0

Body Poetry

TAICHI-KIKAKU

english

TAICHI-KIKAKU twitterhttps://twitter.com/TAICHIKIKAKUhttps://twitter.com/TAICHIKIKAKUshapeimage_5_link_0
CONTACT : TAICHI-KIKAKUmailto:taichi-k@mub.biglobe.ne.jp?subject=%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BB%B6%E5%90%8D
TAICHI-KIKAKU bloghttp://blog.livedoor.jp/taichikikaku/http://blog.livedoor.jp/taichikikaku/shapeimage_7_link_0
TAICHI-KIKAKU facebookhttps://www.facebook.com/TaichiKikakuhttps://www.facebook.com/TaichiKikakushapeimage_8_link_0